[対処法] [Excel]ファイルへのダメージが深刻であり修復は不可能です

2013 年 10 月 8 日 火曜日

ファイルへのダメージが深刻であり修復は不可能です。数式と値の回復を試みましたが、消失または破損したデータが含まれる可能性があります。

‘xxx.xls’にエラーが検出されましたが、次の修復を行うことによってファイルを開くことができました。修復を保持するにはこのファイルを保存してください。

原因

巨大なファイルの編集、マクロの暴走などの理由により、Excelファイルが破損している可能性を表している。

また、他のバージョンのExcelでは正常に開くことができても、特定のバージョンのExcelでのみ発生するケースもある。

対処法

対処法1:他のバージョンのExcelで開いてみる

可能な場合は、他のバージョンのExcelで開いてみる。もしくは、.xls、.xlsx
ファイルを開くことができるソフトウェア(OpenOfficeやGoogleスプレッドシートなど)を利用して開いてみる。

対処法2:「開いて修復する」コマンドを使用する。

  1. 破損しているファイル以外、または新規でExcelを開く。
  2. 「ファイルを開く」ダイアログボックスを表示する。
  3. Excel2007以降であれば「Officeメニュー」⇒「開く」
    Excel2003以前であれば「ファイル」⇒「開く」
  4. 破損しているファイルを選択する。
  5. 「開く」ボタンの横にある逆三角形ボタン▼をクリックする
  6. 「開いて修復する」を選択する。
  7. 「修復」をクリックする。
  8. 修復されたファイルをできれば別名で保存する。

対処法3:Excel修復ツールを使う。

第三者が開発した修復ツールを利用してExcelの修復を試みる。修復ツールの多くは、ファイルをスキャンしながら問題点の検出・修復を試みる。必ずしも修復できるとは限らないが、少なくともExcelの「開いて修復する」コマンドよりは性能が良いと思われる。

エラーメッセージリファレンス 目次へ

Microsoft Officeエラー

ExcelとWord使用時に発生するエラーメッセージの対処法一覧です。当サイトの人気コンテンツがたくさん含まれています。このことからも、残念ながらメッセージだけでは対処法が推測できないものが多いことが分かりますね。

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2012/03/313660.html/trackback