[対処法] [Word]文書は保存されましたが、音声認識データを保存する十分な空き領域がないため、データは失われました。

2013 年 10 月 12 日 土曜日

文書は保存されましたが、音声認識データを保存する十分な空き領域がないため、データは失われました。録音していないときは、必ずマイクをオフにし、ディスクで利用できる記憶域を確認してください。

録音された音声認識入力や、修正候補のようなデータなしで文書が保存されました。

原因

Wordは目に見える情報(入力した文章や図形など)以外にも、様々な情報を保存しています。その1つが「言語データ」と呼ばれるもので、マイクで録音した音声入力データ、マウスなどを使って入力した手書き入力データのことを表しています。

この言語データを含めてドキュメントを保存すると、当然ファイルの容量は大きくなります。そこで、Wordはデータが大きくなることを防ぐために、言語データを含めずに保存しようとします。この際に表示される警告メッセージです。

「データは失われました」と表記されていますが、実際に音声入力データや、手書き入力データを使用していない場合、影響はありません。

このメッセージが表示されるようになり、さらに自動バックアップが有効になっている場合、Wordがファイルを自動バックアップするたびに、警告メッセージが表示されるようになってしまいます。

対処法

言語データの埋め込みは、標準で有効になっています。この設定を無効にすることで、メッセージは表示されなくなります。

ただしWord2007以降では、設定の有効範囲は設定を行ったファイルのみで、別のファイルを開くと、言語データの埋め込みは再びONになってしまいます。現在のところ、2007以降のバージョンでこの設定を保持することはできず、メッセージが表示されるすべてのファイルで設定を行う必要があります。

Word2007以降

1.メニュー「Wordのオプション」をクリック
2.「詳細設定」をクリック
3.「すべてのドキュメントの言語データを埋め込む」チェックボックスをオフにする
※このチェックボックスは、「この文書を共有するときに再現性を保つ]セクションにあります。

以上です。

Word2003以前のバージョンでは、以後すべてのWordファイルに対して、言語データの埋め込みを無効にすることができます。以下のリンクを参照して下さい。

Word 2002 使用中または文書の保存時に “録音された音声認識入力や、修正候補のようなデータなしで文書が保存されました” と表示される

Word 2003 使用中または文書の保存時に “文書は保存されましたが、音声認識データを保存する十分な空き領域がないため、データは失われました” と表示される

スポンサードリンク
エラーメッセージリファレンス 目次へ

Microsoft Officeエラー

ExcelとWord使用時に発生するエラーメッセージの対処法一覧です。当サイトの人気コンテンツがたくさん含まれています。このことからも、残念ながらメッセージだけでは対処法が推測できないものが多いことが分かりますね。

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2012/08/314648.html/trackback