[対処法] Windows保護エラーです。

2013 年 10 月 8 日 火曜日

Windows保護エラーです。
システムが停止しました。

コンピュータを再起動してください。

原因

ハードディスクの破損、新しいデバイスを接続し、そのデバイスとOSとの相性が合わなかったときなど、さまざまな原因で表示されるエラーメッセージです。以下にいくつかの原因、対処法を掲載していますので、参考になさってください。

  • ハードディスクが破損している
  • 新しいデバイスを接続(またはインストール)し、そのデバイスとOSとの相性が悪い
  • CPUが熱暴走をおこしている

対処法

このメッセージは重大なエラーメッセージです。指示どおり[コンピュータを再起動]して解決されればよいのですが、何度再起動してもこのメッセージが表示されることが多く、原因、対処法は多岐にわたります。

[対処法1:]メッセージにしたがう

メッセージのとおり、まず再起動してみてください。ただし再起動で解決される可能性は低いです。

[対処法2:]周辺機器を外してみる

プリンタやスキャナ、外付けHDD、フラッシュメモリなどを外して起動してください。エラーメッセージが表示されなくなった場合は、周辺機器のいずれかが問題ということが分かります。1つずつ接続していき、再びエラーメッセージが表示されれば、どの周辺機器が問題かを特定することができます。

[対処法3:]ドライバをアンインストールしてみる

ドライバとOSの相性が悪く、エラーがおきている可能性もあります。ドライバとは周辺機器を動作させるためのソフトウェアのことで、プリンタにはプリンタ用の、スキャナにはスキャナ用のドライバがあります。

セーフモードで起動できるのであれば、新しくインストールしたドライバやアプリケーションから順に(または問題がおきていると思われるものから順に)アンインストールしてください。このとき、ハードディスク内のデータをフロッピーディスクやCD-ROMにバックアップしておくとよいでしょう。

問題が解決した場合は、アンインストールしたドライバを再びインストールしなおしましょう。周辺機器が動作しなくなる可能性があります。ただし問題の発生したドライバとその周辺機器は、原因が判明するまで接続/インストールしないでください。製造元に問い合わせたり、マニュアルを読んで原因を突き止めましょう。

[対処法4:]問題があると思われるアプリケーションをアンインストールする

セーフモードで起動できるのであれば、最近インストールしたアプリケーション(ウィルス対策ソフトなど)から順にアンインストールしてください。

[対処法5:]CPUが熱暴走をおこしていないか調べる

この時点で解決できないのであれば、原因はハードディスクの物理的損傷か、システムファイルが損失しているか、それともCPUが熱暴走しているかに一応、絞り込むことができます。

起動してしばらく経ったあと、一旦電源を切り、ケースを開け、CPUを触ってみてください。かなり熱くなっていることもありますので、注意してください。CPUの上限温度は、製造元サイトやマニュアルで確認できることがあります。

明らかに熱くなっているのであれば、CPUが熱暴走している可能性があります。CPUの熱暴走対策については保護エラーなどで起動できないにくわしく書かれていますので、そちらをお読みください。

[対処法6:]Windowsを再インストールする

さきほどセーフモードで起動し、ドライバやアプリケーションをアンインストールするように説明しましたが、そもそもセーフモードで起動できない場合は、ハードディスクやシステムファイルに問題がある可能性があります。

対処法1-5まで試しても問題が解決しない場合は、ハードディスクを完全にフォーマットし、Windowsを再インストールしてください。リカバリCDがある場合は、そちらを利用してください。

それでも解決しない場合、たとえばWindowsの再インストールもできない場合は、ハードディスクが損傷している可能性があります。BIOSセットアップユーティリティから、ハードディスクをチェックできるものもあります。

参考資料

スポンサードリンク
エラーメッセージリファレンス 目次へ

Windowsシステムエラー

Windowsのエラーメッセージの原因と対処法をまとめています。対象バージョンはWindows XP、Vista、Windows7、Windows8、Windows10です。

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2007/06/11940.html/trackback