[対処法] このプログラムは応答していません

2013 年 10 月 8 日 火曜日

このプログラムは応答していません。

Windowsに戻ってプログラムの状態を確認するには、[キャンセル]をクリックしてください。

プログラムをここで終了した場合は、保存されていないデータが失われる可能性があります。プログラムを直ちに終了するには、[すぐに終了]をクリックしてください。

概要、原因

シャットダウン時に表示されるエラー。大容量のファイル、高負担のソフトウェアを多数起動させたばあいに表示されることがある。

ほかにも特定のソフトウェアが原因でエラーメッセージが表示されることがあるなど、原因は多岐にわたる。

対処法

1.メッセージに従う

少し時間を置いて、[キャンセル]をクリックすると問題が解消するばあいがある。何度ためしても復帰しないばあいは、[すぐに終了]ボタンをクリックする。ただし保存していないデータは消失する。

2.強制終了する

[すぐに終了]をクリックしても応答がないばあいは、タスクマネージャから問題が発生しているプログラムを強制終了させる。どのプログラムが問題かは、エラーメッセージボックスのタイトルバーで確認できる。

[Ctrl]+[Alt]+[Delete]キーを同時に押し、タスクマネージャを起動させ、アプリケーションタブで確認したプログラム、または状態が[応答なし]のプログラムを選択し、[タスクの終了]ボタンをクリックする。

3.再起動する

タスクマネージャから強制終了しても問題が解決しないばあいは、Windowsを再起動させる。[スタート]メニューまたはタスクマネージャから[再起動]します。

参考になるサイト

メモリーは私たちの「机」のようなもので、いろいろな作業をするたび、メモリー内に作業に必要なソフトやデータが呼びだされます。すると、混み入った作業に熱中していると机の上が散らかってしまうのと同じように、メモリーの中が散らかって、異常終了などの原因となってしまうのです。

わかりやすい表現ですね。複数のプログラム、負担のかかるソフトウェアを起動させないに越したことはありませんが、その必要があるのであれば、メモリを増設してみましょう。

帰って調べて見たら「explorer.exe」の終了エラーは発生時期が最近の場合はシステムの復元で結構直るようですね。

普段と変わりなく利用していても表示されることもある。頻出するばあいはシステムの復元を考えてみましょう。

スポンサードリンク
エラーメッセージリファレンス 目次へ

Windowsシステムエラー

Windowsのエラーメッセージの原因と対処法をまとめています。対象バージョンはWindows XP、Vista、Windows7、Windows8、Windows10です。

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2007/05/311009.html/trackback