[対処法] Webページの有効期限が切れています

2013 年 10 月 13 日 日曜日

Webページの有効期限が切れています
 可能性のある原因:
 ・このWebページのローカル コピーは古くなっているので、Webサイトからまたダウンロードする必要があります。

警告:ページの有効期限切れ

原因

ブラウザの「戻る」ボタンで前のページに戻った時に表示されます。これは、ページに有効期限が設定されており、その有効期限を過ぎてしまったページをもう一度表示しようとしていることが原因です。

例えばショッピングサイトでは、注文ボタンを押した時に注文確定処理をするページは一度しか表示できないように有効期限が設定されています。これは注文確定が2回処理されることによるユーザーへの不利益を防いでいるわけですが、多くの場合、このように何度も処理されると問題が発生するページに設定されています。

対処法

上記のように、このエラーメッセージが表示される原因はサイト側により意図されたもので、ユーザー側に問題はありません。ただしこのようなサイトで前のページに戻りたい場合は、ブラウザの「戻る」ではなく、ページにあるサイト側が用意した「戻る」ボタンをクリックして前のページに戻る必要があります。

ブラウザの「更新」ボタンを押してページを更新すると、サーバーからページを再取得することができます。ただし以下のようなメッセージが表示されます。

このページを再表示するには、以前送信した情報を再送信する必要があります。何か購入した場合は、取引の重複を避けるため[キャンセル]をクリックしてください。その他の場合は[再試行]をクリックしてWebページを再表示してください。

注文処理など、2回処理されると困る場合は[キャンセル]してください。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2013/10/315050.html/trackback