[GAS][スプレッドシート]テキストの折り返しを設定するには: 逆引きGoogle Apps Script

2012 年 9 月 22 日 土曜日

{Range}.setWrap(boolean)メソッドにより、セルの内容がセル幅に収まらない場合の挙動について設定することができる。

▼サンプルスクリプト

文字数によって折り返しの有効化/無効化を切り替えるサンプルスクリプト

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
function wrapText() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();  
  for(var i=1;i<=sheet.getLastRow();i++){
    var range = sheet.getRange('A'+i);
    if(range.getValue().length >= 25){
      range.setWrap(false);
    }else{
      range.setWrap(true);
    }
  }
}

行3 先頭行から最終行までの行数分ループ。A列の先頭行から最終行まで順番に文字数をチェックし、テキストの折り返しを有効または無効にしている。
行5 セル内の文字数が25文字以上かどうか比較
行6 25文字以上の場合、テキストの折り返しを無効にする。
行7 24文字以下の場合、テキストの折り返しを有効にする。

構文

Range.setWrap(wrap)

テキストの折り返し設定の有効・無効を切り替える。

パラメータ

Boolean wrap
テキストを折り返すかどうか。trueを指定した場合、テキストの折り返しを有効にする。falseの場合、テキストの折り返しを無効にする。

戻り値

Range
セルの範囲。メソッドチェインする際に便利。

関連リンク

関連記事

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2012/09/314743.html/trackback