[GAS][Ui]リンクを挿入するには: 逆引きGoogle Apps Script

2012 年 7 月 20 日 金曜日

▼サンプルスクリプト

通常のリンク、テキスト部分にHTMLを記述したリンク、target属性を指定したリンクを挿入している。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
function doGet() {
  var app = UiApp.createApplication();
  var wrapper = app.createVerticalPanel();
 
  //通常のリンク
  var link1 = app.createAnchor('Googleホーム', 'http://google.co.jp');
 
  //テキスト部分にHTMLを記述する場合
  var link2 = app.createAnchor(
        '<strong>カレンダー</strong>', 
        true, 
        'https://www.google.com/calendar/'
  );
 
  //targetを指定
  var link3 = app.createAnchor('サイト','https://sites.google.com/')
                                 .setTarget('_blank');
 
  //パネルに追加
  wrapper.add(link1);
  wrapper.add(link2);
  wrapper.add(link3);
 
  app.add(wrapper);
  return app;
}

構文

1
{UiInstance}.createAnchor(text,href)

1
{UiInstance}.createAnchor(text,asHtml,href)

String text
アンカーテキストとして表示する文字列。
boolean asHtml
falseを指定した場合、パラメータtextに記述したHTMLタグがそのまま表示される。
String href
リンク先Url。

setTargetについて

リンク先をどのウィンドウに表示するかを設定するには、.setTarget(target)を指定する。(サンプルスクリプトの行16-17参照)

ただし、setTargetが有効になるのはウェブアプリケーションとして公開した場合のみ。サイトに挿入したApps Scriptガジェットや、スプレッドシートから表示したUIからのリンクは全て_blankとなり、別窓で開いてしまうので注意。

関連記事

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2012/07/314432.html/trackback