[GAS][Ui]ラベルを挿入するには: 逆引きGoogle Apps Script

2012 年 7 月 22 日 日曜日

挿入したラベル

▼サンプルスクリプト

3つの方法でラベルを挿入している。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
function doGet() {
  var app = UiApp.createApplication();
  var vPanel = app.createVerticalPanel();
 
  var label = app.createLabel('Hello Google Apps Scirpt!');
 
  var label2 = app.createLabel();
  label2.setText('ラベルの挿入');  
 
  var label3 = app.createLabel('文字を折り返さない', false)
      .setStyleAttribute('padding', '5px').setStyleAttribute('background', '#bbeeff')
      .setWidth('50px')
 
  vPanel.add(label).add(label2).add(label3);
  app.add(vPanel);
  return app;
}

行2 Uiインスタンスを生成。
行3 レイアウトパネルを生成。
行5 「Hello Google Apps Script」という文字がセットされたラベルを作成。
行7-
行8
ラベルオブジェクトを先に作成しておいて、setText(text)により後からラベルに文字をセットしている。
行10-
行12
createLabelの第二引数にfalseを指定すると、文字列が自動で折り返されないようになる(CSSのwhite-space: nowrapが有効になる)。また、本来折り返される箇所を分かりやすくするため、ラベルの幅を50pxに指定し、背景色を設定している。

行14 レイアウトパネルに、作成した3つのラベルを追加している
行15 パネルをUiオブジェクトに追加している
行16 Uiオブジェクトを画面に表示。

構文

createLabel()

createLabel(text)

createLabel(text, wordWrap)

パラメータ

{String} text
ラベルに表示する文字列
{Boolean} wordWrap
文字列の自動折り返しを有効にするか無効にするか

戻り値

Label
生成されたラベルオブジェクト
スポンサードリンク

関連記事

コメント / トラックバック 2 件

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2012/04/313865.html/trackback