著作権法改正か?

2015 年 9 月 23 日 水曜日

ユーザーがWebサイトや画像などを検索するためには、まず検索エンジンが情報をWebから収集し、収集したデータをインデックスする必要があります。
ところが現在、インデックスしたデータを日本国内に置いておく事は日本の著作権法上違法となるため、Yahoo!やGoogle、MSNは全てデータをアメリカのサーバに置いておきました。アメリカに置いておく事で治外法権となるんですね。利用者は日本人でも、データは海外という状態です。
これが米国依存となっており、国内検索エンジンが育ちにくい原因となっているかもしれません。Yahoo!、Google、MSNの国内3大シェアを持つ検索エンジンは全て米国発です。
日本発の検索エンジンが圧倒的シェアを持っているのならまだしも、米国発3大検索エンジンが利用されている状態では、日本の著作権法は殆ど意味の無いものとなっております。
今回の改正で、検索エンジンでの利用においては、著作物の一部をコピーする事は違法ではなくなる見通し。
経産省が日本企業と力をあわせて作成中の”官製検索エンジン”が控えていますからね。
この法案はかなりの確率で可決されるんでしょうね。はやければ今年の秋には改正されるらしい。
asahi.com:ネット検索業者育成 著作権の許諾不要に – ビジネス

スポンサードリンク

関連記事

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2007/01/61608.html/trackback