[GAS]スクリプトのタイムゾーン設定を取得するには: 逆引きGoogle Apps Script

2012 年 3 月 23 日 金曜日

スクリプトのタイムゾーン設定を取得するには、getTimeZone()関数を呼び出す。

▼サンプルスクリプト

function onOpen(){
  // Asia/Tokyo
  Browser.msgBox(Session.getTimeZone());
}

構文

Session.getTimeZone()

スクリプトのタイムゾーンを出力する

タイムゾーンの設定

新しいGoogle Apps Scriptプロジェクトを作成すると、初期値としてプロジェクトを作成したユーザーのタイムゾーンが設定される。

Google Apps Scriptエディタのファイル > プロジェクトのプロパティを選択し、Timezoneの選択値を変更することで、スクリプトのタイムゾーンを変更することができる。

注意

スクリプトにアクセスしているユーザーのタイムゾーンを取得することはできない。

スポンサードリンク

関連記事

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2012/03/313045.html/trackback