[GAS][カレンダー]指定期間の予定を取得するには: 逆引きGoogle Apps Script

2012 年 3 月 23 日 金曜日

▼サンプルスクリプト

2012年1月1日〜2012年1月5日の期間に登録されている予定をすべて取得し、取得した予定をスプレッドシートに出力するサンプルスクリプト。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
function getEventsAndOutput() {
 
  // 予定を取得
  var cal = CalendarApp.getCalendarById('xxx@group.calendar.google.com');
  var events = cal.getEvents(
                    new Date('2012/1/1'), 
                    new Date('2012/1/5'));
 
  // 取得した予定をスプレッドシートに出力
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var sheet = ss.getActiveSheet();
  for(var i=0; i<events.length; i++){
    sheet.getRange('A'+(i+1)).setValue(events[i].getTitle());
  }
}

予定を他のユーザーから招待された際に、スクリプト実行者のステータスでフィルタリングすることも可能。以下のサンプルスクリプトは、招待された予定の中から、参加ステータスが「いいえ」になっている予定一覧をスプレッドシートに出力している。

1
2
3
4
5
6
7
8
function getRejectedEvents() {
  // 予定を取得
  var cal = CalendarApp.getCalendarById('xxxx@xxxxxxxx');
  var events = cal.getEvents(
                 new Date('2012/1/1'),
                 new Date('2012/1/11'), 
                 'NO');
}

構文

getEvents(startTime, endTime)

開始日、終了日を指定して予定を取得。

getEvents(startDate, endDate, optStatus)

参加ステータスでフィルタリングすることも可能。

パラメータ

startTime
開始日時。時分を指定することもできる。
endDate
終了日時。時分を指定することもできる。
optStatus
任意。以下の参加ステータスで絞り込むことができる。

  • ‘YES’ – はい
  • ‘NO’ – いいえ
  • ‘Maybe’ – 未定
  • ‘Invited’ – 招待された予定だが、返答していない

戻り値

CalendarEvent[]
指定期間にマッチしたすべての予定

関連記事

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2012/03/313319.html/trackback