電源コンセントだけでネットに接続 – PLC:明日最終判断

2015 年 9 月 23 日 水曜日

20060912_7.png
電源をネット端子に変えてそれだけでネット接続が出来るようになる、かもしれない。


正確には電源コード間にPLCモデムをはさむらしい。PLCはその技術の事。
そうなれば接続工事の必要が無くなりますし、コードも少なくなって凄く快適になりそうなのですが、そこには弊害も。
[コンセントをネット端子に 電力線通信、解禁は不透明]

ただ電源コード本来の使い方でないため、コードがアンテナのように振る舞い、ノイズが漏れて無線通信や放送に影響が出るのが欠点だ。

という事で、開発は一時ストップ。この問題が無くならない限りこれで終わりかと思われたのですが、

03年の重点計画で、家庭のテレビとパソコンなどを結ぶ「屋内に限っての活用」と目的を変え活路を見いだした。

再び開発はスタートし、PLCモデムは完成。明日の結果で決着がつく、という事です。
個人的に、これは是非・という技術なのですが、PLCモデムのある家庭では日経ラジオが聞けなくなってしまうらしい。聞かないといえばそれまでですが、日経ラジオ側にとっては大問題。
便利な裏に様々な弊害がありますが、果たして結果はいかに。
[関連リンク]
PLCとは
HF-PLC Watching Site
電力線搬送通信 – Wikipedia
ラジオNIKKEI|PLC問題を考える

スポンサードリンク

関連記事

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2006/09/121952.html/trackback