lunarpagesを解約した

2009 年 6 月 7 日 日曜日

2年間お世話になった、海外のサーバー、lunarpagesを解約した。

転送量・容量無制限、言語はPHP、Ruby、PEAR、PYTHONに対応、MySQLデータベース数無制限で、ひと月たったの$4.95と、数字だけを見ると日本では考えられない太っ腹さですが、数字では見えない問題もあり、3年目の更新はしませんでした。

一番の問題はサポート。
海外のホスティング会社なので当然、日本語でのサポートは受けられない。

で、英文を書くのは面倒なので、ネットで調べてみたりするのですが、日本語の情報は少なく、結局英語を読まないといけない。

しかも仕様変更が割と頻繁に起こったりして、仕様変更を知らせるニュースレターをほったらかしにしてると完全に浦島太郎になってしまいます。(最近まで容量が無制限になっていたことを知らなかった。)

そして、速度。
もっさり感はどうしようもない。

慣れれば気にならないのですが、訪問者は慣れてないですからね…。
下りももっさりしてますが、上りはもっとつらい。
FTPでアップロードしてると、途中で切断されてしまうことが頻繁に起こります。

最後に、CPU使用率の制限がきびしい。これは盲点。
1万PVを超えるようなサイトで、動的に処理していたりすると、リソースの使いすぎだと、お叱りのメールがきます。

転送量が無制限だからと、アクセス数の多いサイトを置いたりすると痛い目をみます。ちなみにメールを無視すると追い出されます。返金もなし。

ということで、解約しました。

いろいろと書きましたが、これらの問題を割り切れる方にとっては、ホントに、ものすごくお得なサービスだと思います。

余談。
解約メールをすると、1年間で半額の$50にまけるけど、どう?と言われました。ちょっと心が動きましたが、丁寧にお断りしました。拙い英語で。

スポンサードリンク

関連記事

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2009/06/312337.html/trackback