マウス両手持ちで負担を分散?

2006 年 8 月 25 日 金曜日

パソコン操作スタイル

パソコンのマウスは左手で操作できるよう訓練しましたが中々難しいので、今は左右両方にマウスを置き、両手使いに。肘が置けるようクッションなどで高さを調節し、湿布を張るとかぶれるため、液状のものを塗り、手首用、肘用のサポーターを装着し・・・。(マウス操作対策編)


実は手が痺れている時、私も左右逆にしてみたのですが、さすがに両方にマウスを置くという発想は無かった。これはなかなか良いかもしれません。
幸いUSBハブでポートが大分余っている&マウスとタブレットがあるので試してみるのも良いかも。
スペースとコードの絡みが問題ですが…。
ちょっと症状が違うので私は違うと思いますが、「胸郭出口症候群」というのもこの記事で知りました。これも手指のしびれが出るらしいですね。
マウス症候群の対策 – ペンタブレットを買った
ペンタブレットの持ち方 – あなたの持ち方は?手の内部構造から考える

スポンサードリンク

関連記事

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2006/08/251730.html/trackback