夏場のデフラグは危険

2006 年 8 月 9 日 水曜日

[INASOFT]

夏になって気温が上昇すると、パソコンに熱が溜まりやすくなります。また、デフラグはハードディスクに対して激しいアクセスを行い、多量の熱を発生させます。このことから、夏場にデフラグを行うと、ハードディスク等の機器が熱によるダメージを受けやすくなり、普段より高い確率で機器が故障することになります

夏場のデフラグは危険だそうです。

今はハードディスクに最大の注意を払っていますので、デフラグのように負担の大きい事はしていません(恐ろしくて出来ません)。
夏場のデフラグ、というのはあまり勧められない事のようですが、それでもどうしてもしなければいけない時は、エアコンで部屋の温度を下げ、「すっきり!デフラグ」というツールで内部、外部両方共に最適な環境を作りましょう。
 すっきり!!デフラグ
 デフラグを軽快・スムーズに、最適な環境で行う事が出来るツール。

スポンサードリンク

関連記事

コメントは受け付けていません。