「働く」とは傍(はた)を楽(らく)にするという事

2006 年 6 月 20 日 火曜日

有名な言葉。働くというのは、一説によると「傍(はた)」を「楽(らく)」にするというのが語源だそう。自分の為にではなく、自分に身近な人を楽にするために働く。

そう考えると自然と、やりがいが無いと思っていた仕事もやりがいを感じれますし、自分が働いているという事の意味というのが分かってきますね。自分の為だけの大変な仕事は耐え難いものとなりがちですが、それが自分以外の人の為と考えると不思議と耐えられるものです。
この言葉を忘れず、人を楽にする為に一生懸命、人の為に働きたいものですね。みんなが人の為に働くと、一周まわって、結果的に自分に帰ってくるような気がするんです。
コトノハ – 「働く」には「傍を楽に」という発想もある」

スポンサードリンク

関連記事

コメントは受け付けていません。