[対処法] (Word)実行時エラー’9′:インデックスが有効範囲にありません

2015 年 9 月 20 日 日曜日

実行時エラー ‘9’: インデックスが有効範囲にありません

現象

Wordを起動しようとした時、またはWordのファイルをクリックすると、「インデックスが有効範囲にありません」というメッセージが表示されることがあります。

原因

Officeのスタートアップに含まれているフォルダ(Word起動時にあわせて実行するファイル)のいずれかのアドインとWordに互換性がないことが原因として挙げられています。

つまり、アドオンがうまく動作しないため、エラーメッセージが発生していると考えられます。

対処法

以下の手順を実行し、このエラーメッセージが表示される原因となっているアドインを特定し、排除する必要があります。作業を行う際には、Wordを含むすべての Microsoft Officeプログラムを終了してから行ってください。

1. まず、使用しているWordのバージョンに合わせて以下のフォルダを開きます。
【Microsoft Office Word 2007の場合】
Program Files\Microsoft Office\Office12\Startup
【Microsoft Office Word 2003の場合】
Program Files\Microsoft Office\Office11\Startup
【Microsoft Word 2002の場合】
Program Files\Microsoft Office\Office10\Startup
【Microsoft Word 2000の場合】
Program Files\Microsoft Office\Office\Startup
2.上記のフォルダの中にある、任意のファイルをデスクトップに移動します。
3.以下のフォルダを開きます。

Documents and Settings\username\Application Data\Microsoft\Word\Startup

4. 上記のフォルダの中にある、任意のファイルをデスクトップへ移動します。
5. Wordを再起動します。

※補足※

「Support Template」を使用し、Wordの起動時に起こる問題のトラブルシューティングを行うことも可能です。

スポンサードリンク
エラーメッセージリファレンス 目次へ

Microsoft Officeエラー

ExcelとWord使用時に発生するエラーメッセージの対処法一覧です。当サイトの人気コンテンツがたくさん含まれています。このことからも、残念ながらメッセージだけでは対処法が推測できないものが多いことが分かりますね。

コメントをどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.bmoo.net/archives/2015/09/315477.html/trackback